WeldCalc - 第3世代

SSABが提供するWeldCalc 3.0は、長年の溶接経験に基づき溶接プロセスを最適化する、インタラクティブなウェブベースアプリケーションです。

WeldCalcを利用する

新登場の第3世代は、旧バージョンの利点をそのままに新たな可能性や機能が追加されています。 新世代は幅広い溶接パフォーマンスに応える多用性の実現に重点を置いて開発されました。 プログラム全体の要点: 

  • ユーザーが有する条件や要件に基づいた計算や最適化。 WeldCalc全体で直観的なユーザーインターフェースを備え、計算や応用がより楽にできるようになりました。
  • 溶接パフォーマンス全体についてSSABが推奨する製品や評価結果に簡単にアクセスでき、WeldCalcの可能性を最大限活用することが可能に。 
  • あらゆる溶接パラメータの定義が可能。 溶接パフォーマンスに関する全データのドキュメンテーションおよびダウンロードが可能。 これにより、生産におけるあらゆる溶接パフォーマンスの独自のライブラリを構築することができます。 

WeldCalc 3.0はStrenxおよびHardox鋼板の溶接用に初期設定されていますが、 TooloxやArmoxなどの他の鋼板に使用することもできます。 
右のリンクよりソフトウェアをダウンロードできます。

 

WeldCalc の使い方

WeldCalc 3.0は5つの要素で構成されています。 このうち、CalcとWPRのふたつは、あらゆる種類の溶接パフォーマンスに使用できます。 

その他の3つの要素 - pWPS、WPQR、WPSは溶接行程の認定を必要とする構造物に使用します。 このプロセスは、接合部について最低強度や最低靱性が指定されている場合など、溶接構造物の特定の機械特性に関して厳格な要件が設定されている場合に適用されます。 通常、溶接構造物に必要な特性は、標準規格により定義されています。 高強度鋼板の溶接手順認定は欧州規格(EN)に沿って設定されています。 WeldCalcはEN基準に沿ったあらゆる標準規格要求に対応しています。 溶接手順認定はStrenxを使用した構造物でより一般的です。 同時に、Hardoxの全鋼種についても同様の認定を行うことが可能です。 

WeldCalcを使用する際に、溶接状況に適切な部品を選択してください。 各要素の用途:   

  • Calc: 特定の溶接条件に合った独自の溶接ラボの構築。 ここでは、さまざまな溶接パフォーマンスを自由に試すことができます。
  • WPR (Welding Procedure Record - 溶接手順記録):  ユーザー指定の要件に基づいて溶接パフォーマンスを最適化。 これらの条件は溶接士が守るべき条件として記録されます。
  • pWPS (Preliminary Welding Procedure Specification - 溶接手順初期仕様): 溶接手順認定の第一部分を網羅します。 ここでは、認定が必要な接合部の形状と溶接パフォーマンスが定義されます。 この情報に従って溶接士がテストピースを溶接し評価します。
  • WPQR (Welding Procedure Qualification Record - 溶接手順認定記録): 溶接手順認定の第二部分を実施します。 このドキュメントは、pWPSを実施する際に関連するすべての溶接パラメータを厳密に記録したものです。 その後、接合部の機械的試験および非破壊分析が行われ、試験結果が記録されます。 すべての要件を満たした場合、WPQRが承認されます。
  • WPS (Welding Procedure Specification - 溶接手順仕様):溶接手順認定の第三部分を定義し、認定手順の最終部分を実施します。 WPQRが承認された場合、WPSを発行できます。 このドキュメントでは、生産溶接について承認済みの溶接条件が溶接士に向けて指定されています。 これら条件はWPQRにより承認されたパラメータ設定に基づいています。 

WeldCalcの全5要素において、ユーザーは溶接対象の構造物に存在する条件や要件を指定します。 指定された溶接状況に基づき、WeldCalcが外側許容値ボックスを計算し、 入熱、予熱/パス間温度の許容範囲が表示されます。 WPQRを除く全要素で、ユーザーは基本的な溶接パラーメータの希望インターバルを設定することができます。 この情報から、WeldCalcは要求された溶接パフォーマンスの内側許容値ボックスを計算します。 最適な条件を実現する上で、内側許容値ボックスは外側許容値ボックスの内側に位置する必要があります。 

 

WeldCalc 3.0のその他の特徴と利点

  • 技術者・溶接士・エンジニア間で溶接技術に関する重要事項について、ユーザーの施設からより緊密なコミュニケーションを取ることが可能です。
  • ウェブベースで常に最新の状態で利用

携帯電話から使用できる WeldCalc モバイルアプリもぜひご活用ください!

weldcalc

WeldCalc

To access WeldCalc 3.0, you need to sign up by providing your contact information in the form below.

技術サポートが必要