180
加工サービス プレス曲げ

プレス曲げ

曲げは金属薄板に曲げモーメントを加えて塑性変形させることで複雑な部品を作る製造プロセスです。 鋼板は、各部品の形状に合わせて選んだポンチと金型の間に板版部材をフランジングすることで所定の角度や曲げ半径にプレスされます。

 

お問い合わせ

ご質問、その他情報、お見積りのご依頼はSSABに
ご連絡ください。 専任チームが対応いたします。

お問い合わせ

手法

自由曲げでは、鋼板は金型の上部端に終始設置した状態にします。 必要な曲げ半径は素材の等級、金型の幅、ポンチ半径により異なります。 金型の間隔幅は調整可能です。 曲げ加工では、ストロークの長さで金型に鋼板を十分にプレスすることができます。 ポンチと金型にぴったり合った断面が鋼板に形成されます。 最も頻繁に行われるのはV-形状の金型を使った空気曲げ(自由曲げ)です。

曲げの際、鋼板の外側が引き延ばされ、内側は圧縮されます。 曲げ半径が小さいほど、素材にかかる圧は大きくなります。 このため、最低曲げ半径として素材に曲げ性があることが求められます。

スプリングバックは弾性ひずみが原因で発生します。 スプリングバックは降伏点、ひずみ硬化、金型幅により増加します。 なかでも、降伏点が最も大きく影響します。 スプリングバックは曲げ半径が小さくなるにつれ減少します。 スプリングバックの補正にはオーバーベンディングが行われます。

抵抗力によりプレスブレーキの上部および下部エレメントにたわみが生じる場合があります。 曲げ力が高ければ高いほどたわみは大きくなり、クラウニングが発生することで、曲げ加工を施した長さに沿ってビームの上部と下部の間に溝が発生する恐れがあります。溝は中央部で最も大きく、サポートフレームに向かって小さくなります。 薄板や四つ折り判鋼板をプレス曲げする際に縦方向の溝を補正しないと、機械の長さ全体で同じ角度を確保することができません。 クラウニングシステムは曲げ機械の弾性たわみを補正し、溝を最小限に抑えることで、機械の長さ全体にわたってより良い仕上がりを可能にします。 現在のプレス曲げにはこのような影響を最小限にとどめるための自動クラウニングシステムが搭載されています。 これは、完成部品の品質が極めて重要な意味を持ち、不良部品をほぼゼロにすることが求められる、高強度鋼材のプレス曲げで特に大切になります。

プレス曲げの特徴

利点

  • さまざまな種類の開き断面が可能
  • 曲げを用いることで溶接が不要に
  • 厚みや降伏強度により、最大21mのXXL部品のプレス曲げが可能

欠点

  • 複雑な形状を単一ユニットで生産する場合、設定コストが複数部品で分割されないため割高に
  • 大型のシリーズには幅狭のロール成形がより適している

推奨事項

大型のシリーズには幅狭のロール成形がより適している


サービス内容 

SSAB Shapeでは世界各地で展開する自社センターおよびサービスパートナーネットのワークによる曲げ加工サービスを提供しています。 サービス内容:

  • 長さ~21,000mm
  • 押し込み力最大 4,000トン

多くの当社サービスセンターでは、お客様の要件に合わせて部品のプレス曲げに、レーザー切断等の他の金属加工方法を組み合わせることが可能です。

 

お客様はこのフォームを提出することで、個人データの取扱いをSSABに許可し、SSABのプライバシーステートメントに同意することになります。 当社は各地のデータ取扱い規制を順守しています。