180
加工サービス 切削

切削

切削は回転式切断工具で加工対象物から素材を取り除く機械加工プロセスです。 切削は通常、平坦面に輪郭・曲線を加工するために行いますが、イレギュラーな形状や面を作ることが可能で、ドリル、穴開け、ギア切断、スロット成型に使用できます。 切削機にはさまざまな種類があり、工場や作業場では垂直型ミルが最も一般的です。 現在、新型の切削機はCNCコントロールが搭載されており、手動の切削に比べて優れた精度や再現性が可能です。

 

お問い合わせ

ご質問、その他情報、お見積りのご依頼はSSABに
ご連絡ください。 専任チームが対応いたします。

お問い合わせ

手法

特殊な工具鋼や鋭利な垂直歯や溝付き歯を搭載した切断工具を切削ヘッドに固定し、軸に垂直または平行に超高速で回転させます。 切断工具にはさまざまな形状やサイズがあり、エンドミル、サイド/フェースカッター、ギアカッター等、目的により使い分けます。

良好な仕上がりを確保する上で、主軸速度、切削送り速度、送り速度、冷却剤フロー、軸方向切込み深さが重要になります。

切削の特徴

利点

  • 適切な機械や工具を使用することで、優れた公差と効率性で複雑な形状が実現可能

欠点

  • 工具を含めた投資額が割高
  • 単純加工以上の用途では生産コストが高くなる

推奨事項

加工対象物の素材、用途の形状、公差により必要な機械や工具は異なります。


サービス内容 

SSAB Shapeでは世界各地で展開する自社センターおよびサービスパートナーネットのワークによる機械加工サービスを提供しています。 サービス内容:

  • 長さ~6 ,000mm
  • 幅~2,000mm
  • 高さ~800mm

サービスセンターでは、お客様の要件に合わせて部品の切削に、プレス曲げ等の他の金属加工方法を組み合わせることが可能です。

 

お客様はこのフォームを提出することで、個人データの取扱いをSSABに許可し、SSABのプライバシーステートメントに同意することになります。 当社は各地のデータ取扱い規制を順守しています。