180
加工サービス ドリル穴あけ

ドリル穴あけ

ドリル穴あけはドリルビットを使って固い素材に円形の穴をあける切断プロセスです。 ドリルビットは回転式の切断工具で、マルチポイントタイプが多くあります。 ビットは加工対象物に押し当てられ、一分あたり数百回から数千回の回転数で回転します。 これにより刃先が加工対象物に強く当たり、ドリルが進むにつれ屑を切り出していきます。

 

お問い合わせ

ご質問、その他情報、お見積りのご依頼はSSABに
ご連絡ください。 専任チームが対応いたします。

お問い合わせ

手法

通常、切り屑はドリルビットの溝切りによりドリルビットの先端から取り除かれます。 刃先からさらに多くの切り屑が生まれ、それがさらに穴の外側へ移動していきます。 ドリル穴あけの工程では、先端を冷やし、切り屑の流れをスムーズにすることで工具の寿命を延ばすため切削液が使われる場合があります。 ドリルシャンクから穴に冷却剤を挿入する場合もあります。

ドリル穴あけの特徴

利点

  • 優れた公差

欠点

  • レーザー切断やプラズマ切断による穴と比べてコスト高

推奨事項

厳しい公差が要求される場合に使用することをお勧めします。


サービス内容

SSAB Shapeでは世界各地で展開する自社センターおよびサービスパートナーネットのワークによるドリル穴あけサービスを提供しています。 サービス内容:

  • 穴 6-40 mm
  • ネジ切り M8-M30

多くの当社サービスセンターでは、お客様の要件に合わせて部品のドリル穴あけに、切断、プレスブレーキ曲げ、切削等の他の金属加工方法を組み合わせることが可能です。