180
加工サービス べべリング

べべリング

べべリング(面取り)は加工物の角を軽減してなめらかな角にする、溶接準備工程の一部です。 また、仕上がりの美しさをアップさせる効果もあります。 べべリングはレザー・プラズマ・ガス切断による3D切断などさまざまな作業で行うことができますが、ハンドヘルドタイプまたは固定タイプの特殊な機械やロボットで端を機械加工することも可能です。 より複雑な形の加工が必要な場合は、写真のように機械加工が選択されます。 どの方法を採用するかは素材、寸法、面取り部の形状、求められる公差によります。

 

お問い合わせ

ご質問、その他情報、お見積りのご依頼はSSABに
ご連絡ください。 専任チームが対応いたします。

お問い合わせ

手法

面取り部にはさまざまな種類があります。 業界全体において、面取りされたエッジは断面の様子に最も似た英語の文字を用いて記述されます。 一般的な面取りの種類として V、X、Top Y、Bottom Y、Kがあります。

べべリングの特徴

推奨事項

どの方法や機械が適しているかは厚み、形状、必要な公差により決まります。

サービス内容 

SSAB Shapeでは世界各地で展開する自社センターおよびサービスパートナーネットのワークによる機械加工・べべリングサービスを提供しています。 サービス内容:

  • レーザー
    • 長さ~35,000mm
    • 幅~4,500mm
    • 厚み~25mm
  • プラズマ
    • 長さ~25,000mm
    • 幅~5,000mm
    • 厚み~40mm
  • 機械加工
    • 長さ~6 ,000mm
    • 幅~2,000mm
    • 高さ~800mm
  • べべリング用切削機(Steiner)
    • 長さ 4200~16000mm
    • 幅 1200~3300mm
    • 厚み 8~60mm

多くの当社サービスセンターでは、お客様の要件に合わせて部品のガス切断に、プレス曲げ等の他の金属加工方法を組み合わせることが可能です。

 

お客様はこのフォームを提出することで、個人データの取扱いをSSABに許可し、SSABのプライバシーステートメントに同意することになります。 当社は各地のデータ取扱い規制を順守しています。