180

表面効果処理

Toolox®はコーティングや窒化といった工程で優れた特性を発揮し、さまざまな用途に柔軟性をもたらします。

工具の表面硬度を改善し、修理の頻度やコストを節減したいとお考えですか?

Toolox®は表面処理の基盤として理想的な硬度と強度を備えています。表面を窒化する場合は、極めて耐摩耗性の高い用途で58‑65 HRCの硬度を実現することが可能です。または、腐食媒体に応じて腐食攻撃を妨げるためにコーティングを施しながら、亀裂や欠けの防止に有効な優れたコア強度を維持することができます。

代替品またはプロトタイプの工具を使用している場合は、表面処理を外部に委託し、一時的なツールではなく生産用の工具として生まれ変わらせることが可能です。コーティング工程の温度が590°C /1,094°Fを超えない限り、工具鋼の特性は変化しません。

主な特徴

  • 優れた硬度と強靭性。この二つの特性を持つToolox®は窒化に理想的な基盤です。このため、高い表面圧力や耐摩耗性が要求される幅広い用途に滴しています。介在物含有量の極めて少ない純金属。これは、Toolox® 44がどんな難しい表面仕上げにも対応し、Aクラスの光沢を出せることを意味します。
  • 基盤靭性。窒化やPVDコーティングのような表面処理には高い強靭性が求められます。表層にわずかな亀裂が生じても、基盤に伝播する可能性はほとんどありません。
  • 試作工具から生産工具への転換が容易。 
  • エッチング、研磨、コーティングといった工程で優れた特性を発揮するToolox®は、プラスチック、ゴム、シリコンへの射出成形、熱間加工、冷間加工、ナイフや刃のリサイクル、機械部品の締め付けや据え付け等、限りない用途に柔軟性をもたらします。 

用途でToolox®が活躍するさまざまな用途をご紹介しています。 

Toolox®研磨手順

詳しく見る