180
Strenx for trailers Strenx RUPD
RUPD

STRENX™ 960でリアアンダーラン保護装置(RUPD)の強度と安全性を向上

安全性を第一に考えるなら、重量車両の保護にStrenx™ 960 高強度鋼板をご検討ください。 重量車両の関係する追突での致命傷のリスクを軽減する リアアンダーラン 保護装置(RUPD)等の用途に最適な素材です。

RUPDの強度が不十分な場合、乗用車の助手席側のコンパートメントに深刻なダメージを与え、運転手や同乗者の生存のためのスペースの減少につながる恐れがあります。

統計データは重傷者数/死亡者数の増加を示しています。 この流れを食い止めるべく、国際連合欧州経済委員会(ECE) が2019年から2021年に実施する新規制により、トラック・トレーラーメーカーはRUPDの荷重能力を約2倍にするよう義務付けられます。 

ECE規制に準拠したStrenx™ 960を使用した適切な設計は、アルミニウムを使用したソリューションより優れた比強度を実現します。

脆弱な

リアアンダーラン保護は
乗用車とトラックの衝突事故でのダメージにつながります。

強力な

リアアンダーラン保護は
乗用車とトラックの衝突事故でのダメージを防ぎます

積載能力が高ければ高いほど、より強度のある素材が必要です

新規制の概要

新規制の概要

F1 100 kN(従来は50 kN)。
F2 180 kN(従来は100 kN)。
F3 はRUPDの中間点で100 kN (従来は 50 kN)。
H 断面ビームの最小高さは120 mm(従来は100 mm)。

設計のパートナー

RUPD用途のStrenx™ 960鋼管、薄板、鋼板に加え、SSABはより複雑な形状のための鋼管カットや鋼管レザー切断、さらにRUPD用の各種支持構造物の切断やプレスブレーキ曲げのサービスを提供しています
SSABはRUPD設計をお手伝いします。
RUPDの性能は各種部品の素材選択、形状、厚み、支持物間の距離、各種部品の接続部の設計により左右されます。

さまざまなパラメーターを組み合わせることで多様な設計が可能です。 この中からコストおよび性能面で要件を満たすものを見極めるには工学的な研究が必要です。 SSABはほぼすべての工学レベルでお客様と積極的に関わり、最適なRUPDの実現をサポートします。

STRENX™ 960の利点