Strenx 700高強度スティールグレード

Strenx® 700は 板厚に応じて 650 ~ 700 MPa   の降伏強度を持つ構造用鋼板です。  

サンプルを注文

適している用途
各種耐荷重用構造

製品の種類
鋼板、薄板、コイル、スリットコイル

板厚レンジ
0.7-160 mm

高性能用途に適した多彩な高強度鋼板

STRENX® 700 E

一般的な用途は条件の厳しい耐荷重構造です。

衝撃靱性: 69 J at -40°C (51 ft-lb at -40°F)
鋼板: 4-160 mm (0.157”-6.299”)
基準: EN 10025-6 S690QL 衝撃試験 -40°C (-40°F)
フォーマット: 鋼板

STRENX® 700MC D

一般的な用途は条件の厳しい耐荷重構造です。

衝撃靱性: 40 J at -20°C (30 ft-lb at -4°F)
熱間圧延鋼: 2-10 mm (0.079”-0.393”)
基準: EN 10149-2 S700MC 衝撃試験 -20°C (-4°F) 
フォーマット: 薄板、コイル、スリットコイル

STRENX® 700MC E

一般的な用途は寒冷な環境での条件の厳しい耐荷重構造です。

衝撃靱性: 27 J at -40°C (20 ft-lb at -40°F)
熱間圧延鋼: 2-10 mm (0.079”-0.393”)
基準: EN 10149-2 S700MC 衝撃試験 -40°C (-40°F) 
フォーマット: 薄板、コイル、スリットコイル

STRENX® 700 F

寒冷・極寒な環境下における条件の厳しい耐荷重構造。

衝撃靱性: 27 J at -60°C (20 ft-lb at -76°F)
鋼板: 4-130 mm (0.157”-5.118”)
基準: EN 10025-6 S690QL1 衝撃試験 -60°C (-76°F)
フォーマット: 鋼板

STRENX® 700MC PLUS

極めて厳しい用途に適した高度な冷間成形性と衝撃靭性を誇る高強度構造鋼板です。

衝撃靱性: 40 J at -60°C (30 ft-lb at -76°F)
熱間圧延鋼: 3-12 mm (0.079”-0.393”)
基準: EN 10149-2 S700MC 衝撃試験 -60°C (-76°F)
フォーマット: 薄板

STRENX® 700 OME

海上・海洋構造物の過酷な耐荷重構造に適した構造用鋼板です。

衝撃靱性: 69 J at -40°C (51 ft-lb at -40°F)
鋼板: 4-130 mm (0.157” -5.118”)
基準: EN 10025-6 S690QL 衝撃試験 -40°C
フォーマット: 鋼板

STRENX® P700

一般的な用途は圧力や高温にさらされる条件の厳しい耐荷重構造です。

鋼板: 4-100 mm (0.157”-3.937”)
基準: EN 10 028-6 P690Q, P690QH, P690QL1 and P690QL2
フォーマット: 鋼板

STRENX® 700 CR

一般的な用途は過酷な耐荷重構造をはじめとする幅広い構成部材や部品です。

冷間圧延帯鋼: 0.7-2.1 mm (0.028”-0.083”)
基準: SSAB仕様
フォーマット: 薄板、コイル、スリットコイル

Strenx®鋼板の曲がりを点検する人。

STRENX® 700がもたらす脅威的なパフォーマンス

700 MPa以上の降伏強度は高強度鋼を使用した設計の新スタンダードです。 これより強度の劣る鋼材では、製品の可能性を十分に発揮することは困難です。

より高い降伏強度を備えた鋼板にアップグレードすることで、耐荷重量を増やした、より高性能な設計が可能です。 応力が高まるためより薄い鋼板を使用することができます。 これにより複数のメリットがプラスされます:

• 鋼構造の最大40%軽量化しながら、疲労寿命をアップ。

• 部品を溶接する場合、溶接時間や溶接材の使用量が大幅に減少。

アップグレードによる一般的なメリット

Strenx® 700MCは一般的に、トレーラーシャーシ用の軽量ソリューションに採用されています。 トレーラーシャーシを普通鋼グレードからStrenx®700MCへアップグレードすることで、シャーシ構造部分の約30%の軽量化が実現します。 さらに、シャーシの設計によっては、最大50%もの軽量化も可能です。 Strenx® 700MCは、S700MC鋼材を対象としたEN 10149-2基準を満たす、または上回ります。
各種サイズにおける形鋼の図面。
  当初の設計 a) 軽量設計 b) 軽量設計 c)
鋼材のグレード S355普通鋼 Strenx® 700MC Strenx® 700MC 
重量、m [kg/m] 42 27 30
曲げモーメント耐力、M [kNm] 286 306 369
慣性モーメント、I [m4] 140E-06 93E-06 140E-06
断面係数、W [m3]
72E-05 46E-05 58E-05
軽量化、WR [%] - 36 30
冬の森で材木を収集するStrenx®製クレーン搭載トラクター。

お客様の使用例

革新的クレーン設計で究極の耐久性を実現

クレーン設計では、重量と耐久性の間で妥協を求められることがよくあります。 Keslaは、Strenx® 700MC Plusを採用することで、耐久性を損なうことなくより軽量なクレーン設計を実現しました。 -60°Cの気温でも高い靱性を発揮する素材により、シベリアのような厳しい環境でも信頼できる安全なクレーンが誕生しました。

工場での作業性が予測可能

工場でStrenx®高強度鋼板を溶接する人。

溶接

Strenx® 700は従来の溶接方法を用いて溶接することができます。 マグ溶接は、自動化により非常に簡単に高い生産性を実現できるため、現在もっとも一般的な溶接方法です。

Strenx加工用のドリルが付いたCNC機械。

機械加工

通常、Strenx® 700は特殊な機械を使用せずに機械加工することができます。 ドリル加工、皿穴開け、ねじ立て、旋回、切削を行う場合は、鋼・カーバイド用の高速工具を装着した安定性の高い機械を使用することをお勧めします。

Strenx鋼板を曲げている機械。

曲げ

Strenx®鋼板/帯鋼は標準的な曲げ機械を使用して自由に曲げ加工やロール曲げを行うことができます。 特性の均一性、板厚公差の小ささ、高品質の表面により、予測可能な曲げ工程を実現します。

 
Strenx鋼板を切断するレーザー切断用ヘッド。

熱切断

Strenx®鋼板/帯鋼は標準的な曲げ機械を使用して自由に曲げ加工やロール曲げを行うことができます。 特性の均一性、板厚公差の小ささ、高品質の表面により、予測可能な曲げ工程を実現します。

 
Strenx構造用鋼板を切断機に設置する前の作業。

機械切断

Strenx® 700の機械切断にはギロチン裁断機が最適です。 切断機は慎重な設定が必要です。 なかでも間隔、切断角、刃の硬度といった要素が最も重要です。 鋼板は切断前に +20°C まで十分に温める必要があります。

平坦度を示すためにStrenx鋼板の上に置かれた直線用定規。

Strenx®保証

Strenx®保証には厚み公差、平坦度、曲げ特性 が含まれます。 優れた板厚精度により、より精密な重量の把握が可能です。 その結果、安全マージンを削ることができます。 鋼板内や鋼板間の精密な板厚を確保することで、工場での性能の安全性や予測可能性が向上します。

Strenx® 700 製品および板厚

 
Strenx® 700
標準製品
板厚レンジ [mm] 準拠基準 フォーマット
Strenx®使用製品例
鋼板 熱間圧延帯鋼 冷間圧延帯鋼
Strenx® 700 E 4-160 ---
---  EN 10025-6 S690QL 衝撃試験 -40°C 鋼板 条件の厳しい耐荷重構造。
Strenx® 700 F 4-130 ---  ---  EN 10025-6 S690QL1 衝撃試験 -60°C 鋼板 寒冷・過酷な環境下における条件の厳しい耐荷重構造。
Strenx® 700 OME 4-130 --- ---  EN 10025-6 S690QL 衝撃試験 -40°C
鋼板 海上・海洋構造物の過酷な耐荷重構造に適した構造用鋼板です。
Strenx® 700MC D --- 2-10 ---  EN 10149-2 S700MC 衝撃試験 -20°C 薄板、コイル、スリットコイル 幅広い構造
Strenx® 700MC E --- 2-10 ---  EN 10149-2 S700MC 衝撃試験 -40°C
薄板、コイル、スリットコイル 幅広い構造
Strenx® 700MC Plus --- 3-12 ---  EN 10149-2 S700MC 衝撃試験 -60°C
薄板 極めて高い成形性および衝撃靱性が求められる構造
Strenx® 700 CR --- --- 0.7-2.1  SSAB仕様 薄板、コイル、スリットコイル 幅広い構造
Strenx® P700 4-100 --- ---  EN 10028-6 P690Q, P690QH, P690QL1, P690QL2 鋼板 
圧力や高温にさらされる耐荷重性構造に使用される圧力容器用鋼板
180