180
お客様の使用例 鉄道輸送向けの軽量、高強度材木運搬ソリューション

 

年4回発行のスペシャルスティールニュースレターにお申込みいただくと、

Strenx™高性能鋼板の最新ニュースをお届けします

 

ニュースレターを申し込む

鉄道輸送向けの軽量、高強度材木運搬ソリューション

北極圏に近いフィンランド・クフモにあるNopan Metalli Oyは長距離輸送用の大型材木棚を開発しています。同社は重量輸送用の軽量ソリューションに強度に優れたStrenx™ 1100 MC*を使用しています。

工場責任者のPentti Heikkinen氏は、軽量化を目指すNopan Metalliにとって、SSABのStrenx™ 1100 MCは理にかなっていたと語ります。
「高性能高強度鋼板と優れたデザインが合わされば、車両を軽くしながら最大積載量を増やすことが可能になります」とHeikkinen氏は言います。「これは、輸送コストの軽減と同時に、燃料消費や排出量の削減にもつながります」

大型木材運搬のための軽量ソリューション

Nopan Metalliは1937年の創業以来、輸送業界用機器を製造してきました。なかでも、鉄道車両やターミナルトレーラー用の材木棚や、発電所で使用される部品や鉄骨構造を主に製造しています。

Nopan Metalliは、フィンランドの林業業界で鉄道およびターミナルの両方で使用される材木棚の材料としてSSABのStrenx™ 1100を選びました。長距離を走る鉄道のトレーラーとは異なり、ターミナルトレーラーは閉鎖されたエリアで使用され、重量物を運搬します。Heikkinen氏は、いずれの用途においても、棚に使用される素材には大きな負荷がかかる、と説明します。

工場での効率性をアップ

「私たちはStrenx™ 1100が構造の軽量化に加えて、工場のオペレーションにも優れた効果をもたらしてくれることに気づきました」と彼は付け加えます。「切断や曲げ、溶接がしやすいのです」

会社はさらにSSABが持つ専門的なプレファブリケーションサービスを活用することで、自社の能力を柔軟に調整し、より大型の機械を利用することができます。

 

* 以前の名称は「Optim 100 QC」