180
お客様の使用例 ダンプ車市場を牽引

 

年4回発行のスペシャルスティールニュースレターにお申込みいただくと、

Strenx™高性能鋼板の最新ニュースをお届けします

 

ニュースレターを申し込む

ダンプ車市場を牽引

SSAB Shapeと高強度鋼板Strenx™ との緊密な連携の結果、トレーラー・ダンプ車メーカーのFeberは軽量化、コスト軽減、環境足跡の軽減をつうじて市場での地位を確立しています。

Feberはポーランドを拠点とするダンプ車やトレーラーのメーカーで、高品質の製品と革新的なアプローチに定評があります。同社は、競争力の向上を目指して、燃料消費の軽減や積載量の改善に有効なダンプ車を開発することを目標に掲げました。しかし、問題は必要な設計変更を可能にする、経済的な素材を見つけることでした。 

より軽く、燃料効率に優れたダンプ車 

10年近くにわたり、同社はSSABのStrenx™高強度鋼板を採用して成果を挙げてきました。Strenx™の持つ強度と薄さが、より軽くて燃料効率に優れた最終製品の製造を可能にします。さらに、加工済み部品におけるSSAB Shapeとの緊密なパートナーシップにより、製造コストを最小限に抑えることができます。現在、Feber製のほぼすべてのダンプ車の車台にStrenx™が使用されています。 

「Feberは当社と協力することで、SSABの高強度鋼板を最大限に活用できる車台デザインの改善に取り組んできました」とSSABポーランドのリージョナルセールスマネージャー、Janusz Kuczynskiは語ります。「Feber製の車台は市場でも有数の対亀裂性や燃料効率を誇ります。そして今、Feberはさらなる軽量化を目指しています」

対亀裂性の向上、軽量化、溶接の軽減

FeberがStrenx™鋼板(当時の名称は「Domex」)への切り替えを初めて決めたのは、車台の製造に使用していた普通鋼に重量があり、亀裂が生じやすいという難点があったからでした。Feberが選んだのはStrenx™ 700。以来、同社はより軽いシャーシのデザインの開発にこの材料を使用してきました。

“Feberはこれまで使用してきたStrenx™の種類に非常に満足してきましたが、将来的にStrenx™ 960のようなさらにグレードの高い鋼種を採用していく予定です。これにより、一層の軽量化が期待できます」とKuczynskiは言います。

FeberがStrenx™ 700について高く評価してきたもうひとつの点が優れた対亀裂性です。 Strenx™ 700が持つ高強度、一貫性、優れた溶接性は、疲労亀裂が生じやすいデザインも可能にします。 

「薄さのおかげで、ダンプ車のシャーシの製造時の溶接作業が全体的に大幅に減少しました」とKuczynskiは付け加えます。「Strenx™の薄さは溶接コストの軽減に直結します」

さらにもうひとつの利点が、SSAB Shapeが提供するプレファブリケート部品によるコスト削減です。

SSAB Shape

SSAB ShapeはSSABが提供する高強度鋼板を基に付加価値サービスの一環で、曲げや切断等の単純加工から、完成した用途や特許まで広範におよぶ高度なサービスを展開しています。

SSAB ShapeはFeber製のダンプ車の成功を支えてきました。設計のサポートに加えて、SSABポーランドが作ったプレファブリケート・フランジとウェブが納品されました。

「Feberはトレーラーの車台の製造にSSAB Shapeを活用することで、Strenx™鋼板利点を最大限生かすだけでなく、すぐに製造工程で使用できる部品を入手できるため、時間とコストの軽減につながります」

SSAB Shapeはさらに、わずかな工程で組立が完了する部品をFeberに供給するため、曲げとレーザー溶接を行いました。

「その結果、Feberは自社により多くの競争力をもたらす革新的な高性能製品をより多く製造・販売することができるようになり、それが業界のスタンダードを変えることになりました。」

長年にわたって協力してきたSSABとFeberは、現在も日常的に技術協力を行っています。これまで、Feberは工場工程の簡略化により、軽量化や対疲労性といった優れたデザイン特性や、製造工程の効率化を達成してきました。これは、高品質の製品をより低い製造コストでつくることを意味します。