180
お客様の使用例 SSABの専門知識が負荷に耐えるクレーンの開発を可能に

 

年4回発行のスペシャルスティールニュースレターにお申込みいただくと、

Strenx™高性能鋼板の最新ニュースをお届けします

 

ニュースレターを申し込む

SSABの専門知識が負荷に耐えるクレーンの開発を可能に

Strenx™ 1300の開発のきっかけを作ったのはイタリアのクレーンメーカーEfferでした。Efferは世界最強の構造用鋼板Strenx™ 1300を製品ラインに取り入れる予定です。

使いやすく、より強く、軽い鋼板

Efferは、あらゆるクレーンメーカー同様、常により軽くて強い素材を求めています。新モデルの開発では重量が常に検討課題となります。特に、クレーンはトラックに搭載されるため、エンドユーザーにとっても重要な課題です。Efferはクレーン市場での競争に勝つために、常により軽く強いクレーンを開発する必要があります。

Efferはそれまで、SSABのStrenx™ 1100を使用していました。Strenx™ 1100に満足していたEfferでしたが、同時に扱いやすいStrenx™の特性をそのままにさらに優れた強度を発揮する鋼板を求めていました。そこで、EfferはSSABにソリューションの開発を依頼しました。

顧客のニーズを満たすStrenx™ 1300

まず、Efferの希望を正確に把握するためにEfferの製品・デザインチームとミーティングを行ったSSABのプロジェクトチームは、スウェーデン・オクセルスンドの本社に戻り、鋼板の開発に取り掛かりました。開発には時間を要したものの、SSABのプロジェクトチームはEfferが何を求めているかを当初から明確に理解していました。

そして、2005年までに試験用として送るための製品の開発に成功しました。Strenx™ 1300の性能に満足したEfferは、試験完了後に新しいクレーンの設計に着手しました。

顧客主導型の製品開発でイノベーションを促進

EfferがStrenx™ 1300を使う理由。それは、軽く、曲げや溶接がしやすく、かつクレーンにかかる負荷に耐えられる唯一の鋼板だからです。クレーンメーカーは常にデザインにおいて新製品の特性を最大限生かす形状を開発するという課題を抱えています。SSABはそんなお客様をサポートします。

「SSABは新しい形状の開発や、新素材の使用について、必要な情報をしっかり提供してくれる、世界でも数少ない企業のひとつだと思います。SSABは当社の目標達成をサポートしてくれました」とEfferのプロダクトマーケティングマネージャーは語ります。

Efferに加えて、10社が現在Strenx™ 1300 を自社製品に使用するための試験を実施中です。

 

*以前の名称は「Weldox」