お客様の使用例

Hardox®丸棒は解体、リサイクル、造園等の産業でスケルトンバケットの効率性や耐用期間をアップさせます

2020年7月29日 所要時間6

事例を詳しく見る

ドイツ
企業 HS Schoch
産業/業種 建機・重機
ブランドプログラム Hardox® In My Body

ドイツのHS Schoch社は大部分のスケルトンバケットにHardox®丸棒を使用しています。 高い強度と耐摩耗性が求められる用途に適した焼入・調質鋼Hardox®耐摩耗鋼板メーカーSSABが誇る Hardox®鋼に、幅広い寸法が揃うHardox®丸棒が加わりました。

ガス切断面のある鋼板に比べ、新登場の丸棒はスケルトンバケットに目覚ましい利点をもたらします。 Hardox®丸棒は芯まで硬く、機械加工工程後も完全な硬度を維持します。 

Hardox®丸棒の切断はスケルトンバケットに合わせてカットする時のみ。 入熱は最小限に抑えられるため、鋼の硬度や靱性が変化することはありません。 

すべてのHardox®丸棒にはSSAB Hardox®の印が刻まれています。
すべてのHardox®丸棒にはSSAB Hardox®の印が刻まれています。

生産的なプレ・ソーティングに最適

お客様のニーズや用途に応じて、丸棒材はバケットへの溶接のほか、Hardox®丸棒とフレームの一体化も可能です。 これにより、過酷な用途においても、バケット構造全体で最高レベルの耐摩耗性が確保されます。

エンドユーザーからは、スケルトンバケットに丸棒を搭載したことで、資材がバーの表面を滑り落ちていくと、報告されています。 このため、バケットの摩耗が軽減されます。 丸棒を採用することで、スケルトンバケットの目詰まりが減り、分類作業の効率が向上します。

丸棒を搭載したバケットは解体、リサイクル産業のほか、造園や農業でも事前分類に使用することができます。 HS Schoch社は1.5トンから75トン級の掘削機用バケットを供給しています。

「掘削機を使用していて、資材の事前分類を行わなければならない企業なら、丸棒搭載のスケルトン/ふるいバケットのメリットを実感できるでしょう。 ビーツやじゃがいもの分類など、農業機械でも活用できます」とHS Schoch社のマネージングディレクターMarcel Schoch氏は、自らの経験を踏まえてこう言います。
60 mm (2.362 in.) 丸棒を搭載したL型スケルトンバケットは自由な動きが可能で、溶接を行っていません。
60 mm (2.362 in.) 丸棒を搭載したL型スケルトンバケットは自由な動きが可能で、溶接を行っていません。

各種用途に適応

丸棒材の直径、ロッドの間隔といったスケルトンバケットの設計パラメータは、バケットの使用場所や、掘削機の重量により異なります。 HS Schoch社はドイツ、オーストリア、スイス全域の建設ソリューションで幅広い経験を活かして、顧客に適切なアドバイスやサポートを提供しています。 同社はバケット、ショベル、リフティングクローといったアタッチメントの開発、製造、更新を行い、 小型バケット、深穴バケット、傾斜バケット、スケルトン/ふるいバケット、さらに摩耗保護ライニングや特殊構造を含む、素早い交換が可能な機械の製造を手がけています。
40 mmまたは60 mm (1.575 または 2.362 in.) の丸棒で作られた両軸ロッド Hardox® 400丸棒はバケットに資材が詰まるのを軽減するため、ふるいや分類作業で高い性能を発揮し、効率性をアップさせます。
40 mmまたは60 mm (1.575 または 2.362 in.) の丸棒で作られた両軸ロッド Hardox® 400丸棒はバケットに資材が詰まるのを軽減するため、ふるいや分類作業で高い性能を発揮し、効率性をアップさせます。
Hardox®丸棒は建設機械用ボルトの素材としても使用できます。 優れた硬度を備えたHardox® 鋼は、より長い寿命を発揮しながら、引張強度が不具合の早期発生のリスクを確実に抑えます。
Hardox®丸棒は建設機械用ボルトの素材としても使用できます。 優れた硬度を備えたHardox® 鋼は、より長い寿命を発揮しながら、引張強度が不具合の早期発生のリスクを確実に抑えます。

機械コンポーネントに適したソリューション

Hardox®丸棒は表面だけでなく完全焼入れされているため、ボルトのソリューションとしても活用できます。 Hardox®鋼はねじ、ねじ切りボルト、ねじ切りロッド等の留め具を非常に簡単に製造できます。 優れた硬度を備えたHardox® 鋼は、部品の寿命を延ばしながら、引張強度が不具合の早期発生のリスクを確実に抑えます。 このため、Hardox®丸棒は固定式・可動式の両方の製造機械の機械コンポーネントの素材として最適です。

Hardox®多機能棒鋼はHardox®耐摩耗鋼板と同等の品質を実現

Hardox®丸棒は、高い強度と降伏強度により、さまざまな用途に適したソリューションです。 炭素当量が少なく、優れた靱性や溶接性を発揮します。 独自の特性や性能を備えたHardox®丸棒は、Hardox®耐摩耗鋼板と同等の高品質を実現します。 現在、丸棒材の寸法は40~100 mm (1.575~3.937 in.)、長さは5,000 mm (196.85 in.) をご用意しています。 その他の寸法にも対応可能で、現在開発中です (AR 400 および AR 500)。 AR 500丸棒は20~160 mm (0.786~6.298 in.) の寸法でご用意しています。
properties table

Hardox®丸棒の使用例

Cerapid社バケット
「Hardox®のおかげで品質を大幅に向上できました。お客様からも高い評価を得ています」
Kelly Attachments社は靱性と優れた耐摩耗性を兼ね備えたHardox ® 400丸棒を採用しています
掘削機バケット
じゃがいも収穫機

アップグレードを計画中ですか?

以下の情報をご記入ください。担当者がアップグレードに関する質問やご不明点にお答えします:

180