180
お客様の使用例 トラック車体の軽量化が収益増につながる

 

年4回発行のスペシャルスティールニュースレターにお申込みいただくと、

Hardox®耐摩耗鋼板の最新ニュースをお届けします

 

ニュースレターを申し込む

トラック車体の軽量化が収益増につながる

自社のトラックの薄い車体を最初に見たLongmei Engineeringの運転手たちの反応は懐疑的なものでした。しかし数か月後には、それが信頼へと変わっていきました - Hardox®はより多くの積載量に耐えられるということを証明したのです。

課題

中国・雲南省のXiaolongtan炭坑では毎年、Longmei Engineeringの約100台のトラックが炭層から1,200万トン近くもの掘削土を運び出します。一台のトラックの年間走行距離が10万㎞(62,137マイル)におよぶため、同社は往復あたりの費用を減らすことが大幅な節減につながると考えていました。Longmeiの責任者Chen Hao氏は、トラック車体の設計を見直すことでコスト効率につながることを知っていました。

ソリューション

SSABの技術者たちはLongmeiのエンジニアたちと、この問題について話し合い、車両重量を減らし、トラックの積載能力を最大限にする上でより薄いHardox®ハルドックス耐摩耗鋼板がいかに効果的かを説明しました。

「私たちは新しいものを試すことに前向きでした。SSABとミーティングを重ねる中で、SSABの技術チームからヨーロッパで使用されているトラック車体例を紹介されました。車体はとても魅力的でした。だから、私たちはHardox®ハルドックス耐摩耗鋼板を試してみることにしたのです」とChen氏は振り返ります。

しかし、到着した車体を見たLongmei Engineeringの人々は怪訝な表情をしました。

「トラックの車体には最初は驚きました。それに運転手たちも、そんな薄い鋼板でより重い重量を扱えるはずがないと信じていました。でも、使用し始めて数か月後には、Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板を使用した新しい車体が十分に役割を果たしていると運転手全員が口を揃えました」と彼は振り返ります。

Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板を使い続けることに社内全体で賛同が得られたことを受けて、一層の軽量化と積載能力の向上を実現するためにU型に切り替えることが決定しました。結果は大成功でした。Hardox® 450を使用することで、Longmeiは車体重量を4.6トンから3.5トンに減らすことができた、とChen氏は言います。

「当社のトラックは土や岩を運ぶため、トラックの空重量は非常に重要です」とChen氏は言います。

「中国国内の多くのトラック車体メーカーは普通鋼にたくさんの強化剤を混ぜて使用しています。でも、Hardox® 450は硬化剤が不要です。これは設計上大きな利点です」とLongmeiの設計・生産マネージャーSun Mangui氏は言います。

お客様の利点

  • 車体重量の4.6トンから3.5への減少により、往復あたりの積載量が数トンアップ
  • 積載量向上により6ヵ月で投資回収を達成
  • 新たな市場への進出に伴う技術的問題を解決
  • 普通鋼より大幅な設計利点をもたらすプレミアム鋼板