180
お客様の使用例 SSABとの強固なパートナーシップで製品の革新と成功を実現したHCRDI

 

年4回発行のスペシャルスティールニュースレターにお申込みいただくと、

Hardox®耐摩耗鋼板の最新ニュースをお届けします

 

ニュースレターを申し込む

SSABとの強固なパートナーシップで製品の革新と成功を実現したHCRDI

中国・安徽省の省都、合肥には変化の機運が高まっています。Hefei Cement Research & Design Institute (HCRDI)は、2005年から自社のローラープレスやセパレーター内部にHardox®ハルドックス耐摩耗鋼板を使用し始めました。Hardox® 500の採用により、より少ないメンテナンス時間でより長い耐用年数を実現する、摩耗に強いソリューションが誕生しました。

課題

HCRDIの製品はセメント生産で重要な役割を果たしています。ローラープレスで粉砕されたセメントクリンカーはセメントミルに送られて仕上粉砕されます。そして、分離機によって細かい粒子と粗い粒子に分けられます。細かい粒子は回収され、粗い粒子は前工程に戻されてさらに細かく粉砕されます。

かつては自社の耐摩耗性表面材を使用し、普通鋼の上に摩耗層を施していたHCRDIですが、その工程は効率性に欠け、最終的な成果はHCRDIが掲げる高い基準を満たすものではありませんでした。

「ローラープレスやセパレーターの製造では、出来る限り簡略でコスト効率の良いプロセスを目指します」とMill Engineering㈱のZhang Yonglong部長は言います。「でも、当社の特徴である品質で妥協することはできません。Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板を採用する以前は、常にメンテナンスに問題が発生していて、問題の多くはライナープレートの交換時に起こっていました」

ソリューション

「私たちは2002年にSSABの製品を検討し始めました」とYonglong氏は言います。各国のメーカーを調べるためにエンジニアたちを世界的な事実調査に派遣しました。そして、広範な試験を重ねた結果、2005年からHardox® 500鋼板を使用することを決めました。結果は非常に満足の行くものでした」

「SSABの人たちは平凡な人材ではありません」とYonglong氏は続けます。「当社のエンジニアたちはSSABの技術マネージャーらと月に数回電話で話したり、必要な場合は直接会うなど、継続的に連絡を取り合っています。私たちは新たな製品を試すことにも前向きです。当社の機械の一部の部品にHardox® 600を試すことをすでに検討しています。

HCRDIの売上は2005年の1億2,000万元から2009年には16億元にまで増加しました。今や中国国内で広く知られるまでに成長した同社の従業員は、増え続ける需要に対応するため残業する日が続いています。エンジニアたちはコストダウン、単純なメンテナンス、より長い耐用年数、そして公害・騒音の軽減に重点を置いてきました。しかし、Yonglong氏は現状に満足することなく、さらに高い展望を描いています。

「当社の機械の一日当たりのセメント生産能力は5,000トンですが、現在は一日の生産能力が10,000トンの機械の開発に取り組んでいます」と彼は続けます。「SSABとの緊密な関係のおかげで、これも時間の問題だと考えています」

 

Hardox® 550Hardox® 600の詳細はこちら