180
掘削機用大型バケットの事例

「軽量化は作業時間の短縮を意味する」

掘削機用大型バケットの事例

このケースでは、バケットの素材をAR400鋼板からHardox®450にアップグレードし、設計を改善することで、30%の軽量化と20%の積載能力アップを実現しました。  これは、同量の積載量をより少ない作業サイクルでこなせることを意味します。

 

SSABの エコ・アップグレード

SSABはお客様と共に、常に鋼材や機械設計のアップグレードに取り組んでいます。 SSABのEcoUpgradeコンセプトは鉄鋼生産、そして完成品の寿命全体でCO 2 削減につながります。

CO2回収期間以降は使用する毎に削減量がアップします。

CO2削減量

  計算データ
燃料消費 - 標準 70リッター/1時間
年間機械使用 4,000時間/年
耐用年数 5年
バケットの積載能力(アップグレード前) 4,500 kg
バケットの積載能力(アップグレード後) 5,419 kg
バケット重量(アップグレード前) 3,062 kg
バケット重量(アップグレード後) 2,143 kg