180
ニュースルーム 酸性環境の磨耗に打ち勝つHardox HiAceが新登場
11月13日, 2019 08:30 CET Hardox

酸性環境の磨耗に打ち勝つHardox HiAceが新登場

耐摩耗性に優れたHardox 鋼板シリーズ はどんなに過酷な条件下でも磨耗に耐え抜く硬度と靱性で世界的に定評があります。 このシリーズに新登場したHardoxHiAceは酸性・腐食性環境での用途に最適なグレードです。 

リサイクル業は鋼材にとってとりわけ過酷な環境です。 例えば、通常広く「ゴミ」と称される自治体の固形廃棄物は、ゴミ収集車の車体やゴミ用コンテナの磨耗を加速させる低いpH環境を生み出します。 木材チップの輸送や、硫酸塩や塩化物といった化学物質が存在する状況においても、同様の影響が生じます。

Hardox® HiAceはこのような条件に耐え抜く素材として開発されました。 低いpHレベル環境での磨耗メカニズムは中性pHの環境とは異なります。 酸が鋼板の表面を酸化させるため、たとえ車体やコンテナに硬い素材が使用されていたとしても磨耗が発生しやすくなります。

酸や腐食に打ち勝つHardox HiAce

HardoxHiAceは酸化プロセスを大幅に遅らせることで、素材の硬度を十分生かして磨耗に打ち勝つことができます。  Hardox® HiAceは一般的な環境において、450HBW鋼板と同等の性能を発揮します。   しかし、低いpHレベルの環境では、機械の耐用年数が400HBW鋼板の最大3倍に延びます 

酸性環境での優れた耐摩耗性に加え、Hardox® HiAceはゴミ収集車、リサイクルコンテナ、ダンプ車体等の大型機械の構造材料として必要な靱性も備えています。 

Hardox® HiAce氷点下の条件にも対応し、27 J at -20°C (20 ft-lb at -4°F) の衝撃エネルギーが保証されています。   板厚は4~25.4mm (5/32 - 1 in.) でご用意しています。  Hardox HiAceはHardox450と同等の機械特性を備えています。  Hardoxの従来の鋼種と同じ機械で加工することができます。 

Hardox HiAceで積載量アップ・燃料節約・CO2削減を実現 

ゴミ収集車等の機械の耐摩耗性が向上すると、寿命を損なうことなくより薄い鋼板を使用することが可能になります。 薄い鋼板は最大積載量アップにつながります。 さらに、無積載での移動時の燃料消費量やCO2排出量が減少します。

Hardox® HiAceの詳細はこちら

Hardox® HiAceがまもなく発売

Hardox HiAceの詳細および取扱い市場についてはこちらまでお問い合わせください:

Ursula Egenhofer                                                                                                                                                     

SSAB特殊鋼部門Hardox®耐摩耗鋼板ブランドマネージャーursula.egenhofer@ssab.com

電話: +1 412 203-1620, 携帯: +1 412 680-0080

SSABは北欧および米国を拠点に展開するスティールメーカーです。 SSABはお客様との緊密な連携により付加価値に優れた製品やサービスを提供することで、高強度・軽量化の実現とより持続可能な世界に貢献しています。 SSABの従業員は50を越す国々で働いています。 さらに、スウェーデン、フィンランド、米国に製造拠点があります。 SSABはナスダックOMXストックホルム(大型株)に上場しているほか、 ナスダックOMXヘルシンキに二部上場しています。 www.ssab.com Hardox®耐摩耗鋼板のソーシャルメディア: Facebook, Instagram, LinkedIn and YouTube.

Attachments

4Y5A9188 crop - Download

4Y5A9157 - Download

4Y5A9481 - Download

4Y5A9547 - Download

4Y5A9536 - Download