Hardox 400からHardox 450へのアップグレードは耐用期間の向上または構造の軽量化、さらに場合によっては両方を可能にします。Hardox鋼板の優れた作業性により、工程を追加することなくスムーズにアップグレードできます。

アップグレードする5つの理由

1.摩耗寿命の向上 — 稼動時間の向上

硬度が50ブリネル向上したHardox 450は摩耗寿命を延ばします。摩耗寿命が最大50%向上することが事例で実証されています。さらに、用途によってはそれ以上の摩耗寿命が確認されています。

Hardox 400からHardox 450へのアップグレードによって各種素材でどれだけ摩耗寿命の伸びが期待できるかWearCalc™でご確認ください

2.ライフタイムコストの軽減

コスト意識の高い時代において、より長い摩耗寿命がいかにメンテナンスや機材交換にかかるコストの削減につながるか実感いただけます。

3.軽量化

Hardox 450は機材やコンポーネントに、より薄い鋼板を使用することを可能にします。さらに、より薄い鋼板は軽量化、積載能力の向上、収益性の向上につながります。設計の座屈、たわみ、疲労強度を見直すことで最大15%の軽量化を実現したケースもあります。

4.歪み抵抗の向上

Hardox 400からHardox 450へのアップグレードは以下のように歪み抵抗の向上をもたらします。この試験では、300 kgの重りを2.8 mの高さから600 x 600 mmの試験鋼板に落下させました。

5.これまでと同じ工具・機械が使用可能

Hardox 450はHardox 400と同じ工具や機械を使って加工できます。

Hardoxの作業性

Hardox 450はHardox 400と同程度の優れた作業性を発揮します。例えば、一般的な高強度鋼板に使用される従来のあらゆるアーク溶接方法を用いて溶接することができます。さらに、ガス切断、プラズマ、レーザー、アブレシブウォータージェット(AWJ)といったあらゆる切断方法にも対応します。アップグレードにより、Hardox 400の曲げ力を使用した場合、最低6%の厚み軽減が可能です。

詳しくは技術サポートまでお問い合わせください。