""
""

Toolox®鋼の溶接と切断

Toolox エンジニアリング ・工具鋼は溶接や切断が楽に行えます。 エンジニアリング・工具鋼は硬度が高くなるほど、条件のレベルも高くなります。 Toolox®鋼はあらゆる鋼種・寸法で十分な溶接が可能です。

製品プログラム 営業担当者へお問い合わせ

溶接と切断

""

Toolox®鋼の熱間・冷間切断

従来の溶接・切断方法を用いることができるほか、他の溶接可能な鋼板に溶接することが可能です 。 継手の準備は熱切断や機械加工、研削等の従来の方法を用いて行うことができます。 厚み約10mmまでの鋼板の場合はせん断や 押し抜きも可能です。

低合金含有で溶接や切断が簡単
合金含有量が少ないToolox®鋼種は従来の各種溶接や熱切断を予測可能にします。 適切な炭素当量値は水素割れに対する高い耐性につながります。

Toolox®の溶接および切断に関する推奨事項

溶接と切断のベストプラクティスに関する推奨事項をぜひご覧ください。 溶接に関する推奨事項では、接手の準備、適切な溶接材、予熱、溶接手順について、

熱切断に関する推奨事項では、カットエッジの水素レベルを制御するための予熱・後熱処理を含む、ガス・プラズマ切断に関するベストプラクティスを説明しています。

熱切断に代わる方法として、研磨剤を含むウォータージェット切断があります。 この方法は熱を加えないため、水素割れのリスクが非常に低く抑えられます。 ウォータージェット切断は、普通鋼の切断と同じパラメータで行うことができます。

""

「これまで、曲線の金具を正方形の2738鋼を使って製造していましたが、最終的な形になるまで多くの機械加工が必要でした。 Toolox® 33をガス切断する方法へ切り替えることで、加工時間を短縮でき、より良い製品をお客様に提供することができました」

ACEROS Y SERVICIOS(スペイン)

""

Toolox®鋼があらゆるチャレンジに打ち勝つ理由を読む

SSABのToolox®エンジニアリング・工具鋼に関する全文を読む

""

Toolox® 鋼の溶接・切断に関する推奨事項を全て読む

Toolox®は溶接や切断が容易です。 ベストプラクティスをパンフレットでご覧ください。

""

Toolox®鋼の機械加工について詳細を読む

Toolox®は時間と費用のかかる熱処理が不要で、優れた機械加工性能を発揮する硬化鋼です。

Toolox® 工具・エンジニアリング鋼について詳しく見る

180