""
""

高温用途に適した工具鋼

ほとんどの鋼材は高温にさらされると、高度や靭性を維持することはできません。 しかし、Toolox® は他の鋼材とは違い、 最高590°Cまで熱せられても、冷却後は本来の硬度が維持されます。

製品プログラム 営業担当者へお問い合わせ

耐熱性

""

高温注型や鍛造に最適

高温特性を備えたToolox®は、製鋼所、セメント産業、発電所等、素材を非常に高温で処理する分野の鋳造・鍛造金型、機械部品に最適です。

""

Toolox® 44はチェーン製造用の熱間鍛造金型に使用されています。 チェーン鋼は約890°Cまで加熱してから鍛造され、金型は常に400~500°Cで使用されます。

""

Toolox® 44で作られたバケットは、高温のスラグを扱う場合でも、特性を損なうことなく摩耗や熱に対して耐性を発揮します。

""

真鍮のハンドルは、Toolox® 44の金型を使うことで、730-750°Cでワンストロークでプレスできます。

圧縮降伏強度

""

Y = Rc0.2 (MPa)

X = 浸水時間 (hrs)

Toolox® 44は長時間の浸水後も、高温で圧縮降伏強度を発揮。

圧縮降伏強度

""

Y = Rp0.2 (MPa)

X = 試験温度 (°C)

Toolox® 44はH13標準鋼に比べて、高温での降伏強度に優れています。

耐摩耗性

""

Y = 硬度 (HBW)

X = 温度 (°C)

Toolox® 33とToolox® 44はいずれも、高温下で耐摩耗性鋼のQ&T 450 HBWと500 HBWより優れた耐摩耗性を発揮します。

衝撃靱性

""

Y = シャルピー-V 衝撃靭性 (J)

X = 試験温度 (°C)

Toolox® 44は、室温と高温のいずれでも、従来の熱加工工具鋼よりはるかに優れた靭性を発揮します。

""

Toolox®鋼があらゆるチャレンジに打ち勝つ理由を読む

SSABのToolox®エンジニアリング・工具鋼に関する全文を読む

""

Toolox® 鋼の溶接・切断に関する推奨事項を全て読む

Toolox®は溶接や切断が容易です。 ベストプラクティスをパンフレットでご覧ください。

""

Toolox®鋼の機械加工について詳細を読む

Toolox®は時間と費用のかかる熱処理が不要で、優れた機械加工性能を発揮する硬化鋼です。

Toolox® 工具・エンジニアリング鋼について詳しく見る

180