180
10月7日, 2015 00:00 CET

Tooloxラウンドバー – 超高強度、調質済み、すぐに使用可能

SSABの高品質工具鋼Toolox® シリーズのひとつ、Tooloxラウンドバーは革新的な製品デザインを可能にします。硬化処理により通常1450 MPaという高い引張強度を持った状態でお届けするため、一般的な鋼種に必要な熱処理が不要で、市場に導入する時間を短縮できます。 

さらに、低い合金含有で社内での調質プロセスを最適化することにより、優れた機械的強度と高い亀裂抵抗を実現することに成功しました。これにより部品の軽量化を可能にしながら独自の機械的性能を実現します。SSABでは超音波試験や機械的検査を含む徹底的な品質管理を熱処理を行うバッチ毎に行っています。このような取り組みは、原産地が不明な場合が多い標準鋼種とはまったく異なる特性を保証することを可能にしています。

TooloxはHardox®Weldox®といったSSABが誇るその他のブランド同様、調質鋼の市場リーダーによって製造された確かな品質が特徴です。Tooloxは2002年以来厚板として販売され、金型や機械部品の材料として高い適正を発揮してきました。厳正な工程と優れた特性に裏打ちされたTooloxは鋼財開発に新たな一歩を標す製品です。

利点

機械加工性の向上

Tooloxは炭素含有量が低いため、優れた機械加工性を有します。 

類いまれな靭性

低い炭素含有量と急速な冷却速度により、Tooloxは同等の硬度を持つ鋼の2~3倍の靭性を誇ります。高い硬度と優れた靭性により、標準的な鋼材に比べて摩耗が少なく、より長い動作寿命を確保します。

疲労軽減と耐用年数改善

極めて高い清浄度を誇るため、疲労特性では鋼材自体より表面が極めて重要になります。摩耗対策により高い表面硬度が求められる用途では、Tooloxの窒化処理またはPVDコーティングが可能です。Tooloxは最大590°C (1,094°F)の高温で作業する用途でも使用可能です。

エッチングや研磨が容易

Tooloxにはエッチング、研磨、コーティングといった工程でも優れた特性を発揮するという独自の利点があります。

Tooloxラウンドバーが持つさまざまな利点や可能性を最大限にご活用ください
Tooloxラウンドバーが持つさまざまな利点や可能性を最大限にご活用ください

仕様:Toolox 対 42CrMo4

 

42CrMo4

Toolox 44

Ø mm
>16-40 >40-100 >100-160 21-141
降伏強度 Rp0,2 (MPa)
>750 >650
>550
代表値1300
引張強度 Rm (MPa)
1000-12000 900-1100 800-950 代表値1450
A5(%) >11 >12 >13 代表値13
衝撃靱性 Ch-C @ RT >35 >35 >35 >18
ESR特性 No No No Yes
C % 代表値 0.42 0.42
0.42
0.32
Mn % 代表値 0.75 0.75
0.75
0.8
S % Max 0.035 Max 0.035
Max 0.035
Max 0.035
Cr %代表値 1.10 1.10
1.10
1.35
Mo % 代表値 0.22 0.22
0.22
0.80
CE II W 1.01-1.27 1.01-1.27
1.01-1.27
0.90-0.94


製品情報

直径 21~141 mm、最大長さ5000 mm。直径、楕円率はSS-EN 10060に準拠しています。みがき棒鋼はSS-EN 10060の半分、 衝撃試験はEN 10025およびEN ISO 148に沿って2mmのストライカーを使用して実施。

供給について

Tooloxの各種直径はベルギー・アントワープのSSABストックからお届けします。Tooloxのカットピースは、世界各地の安心のToolox認定販売業者をつうじてご購入いただけます。SSABとその販売業者は用途に関する専門的サポートや技術的指導を提供します。

お問い合わせ

詳細については、地域の営業担当者にご連絡いただくか、データシートをご覧になるか、テックサポート(techsupport@ssab.com)までお問い合わせください。